FC2ブログ
学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
2011年11月30日 (水) | Edit |
市の離乳食講習(初期)に参加してきました!
来週6か月になったら離乳食開始予定だからしっかりお話を聞こうと気合い十分! 早めに会場入りして、いい場所に座ることができました(*^^)v

受付でグループ分けされ、suwanと礼子はDグループ。始まるまで他のDグループの人とお話をして待ちます。この初期講習の参加者は5~6カ月児なので、みんなほぼ同じくらい。Dグループの中で礼子は一番ちびっこ&小顔でした。

いよいよ講習開始となり、職員の方が全体に説明をしている時、礼子が隣の子をじっと見つめているなと思っていたらちょっかいを出し始めた(^_^;) 手をにぎったり、髪の毛を触ったり。すみませんと謝ってちょっと離すとこんどは寝がえりをして、お向かいの子のところにずりばい。さらにその子のおでこにチュー。すると「すごい! ずりばいしてる!」「きゃ~、チューした!」とDグループのママさんたちが大騒ぎ。その騒ぎで職員の方のお話が止まってしまった(^_^;) す、すみません…

あわてて礼子を抱きかかえ、抱っこしたまま話を聞いていたんだけど、その間、他のママさんに向けて礼子スマイルをふりまいていたようで、相変わらずざわざわしているDグループ(^_^;) す、すみません…


<離乳食開始のポイント>

★離乳食開始の目安★
・生後5~6カ月頃が適当。
・赤ちゃんが元気で機嫌がよく、首が座っていること。
・大人が食べていると興味を示す

小児科によっては6か月から始めるようにと指示があるようなので、それはその指示に従ってくださいとのこと。
 → 礼子のかかりつけの小児科では6か月からと言われた。それまでは母乳とミルク以外(お白湯、果汁、麦茶など)は与えないようにと言われたので、一応守っています。

★初期の離乳食★
目標…離乳食をごっくんできる(飲み込める)ようになろう

与える時間…2回目か3回目の授乳時間に合わせる。その後、飲みたいだけ母乳やミルクを与える

回数…1か月目は1日1回。2か月目に入り、主食、副菜、主菜が食べられるようになったら2回食へ進める
状態…粒のないなめらかなドロドロのペースト状。2回食になったら水分を少しずつ減らしてベタベタのヨーグルト状。

味付け…始めは味をつけない。その後大人の1/4~1/3くらいの薄味味付け。こんぶやかつおのだしや野菜スープなどを使って食べ物そのものの味を生かせるようにする。

★離乳食の始め方★
1週目…主食だけ
 10倍かゆ1さじからスタート。

2週目…主食+副菜
 おかゆが3さじたべられるようになったら、柔らかく似てすりつぶした野菜1さじを加える。
 かぼちゃ、にんじん、だいこん、かぶ、じゃがいも、さうまいも、ほうれんそう等

3~4週目…主食、副菜+主菜
 おかゆ3さじ、野菜3さじ程度まで食べられるようになったら、豆腐、白身魚のうち1品を1さじ加える。
 
5週目以降…1回食+2回食
 2か月目になったら2回食にする。量をいきなり2倍にするのではなく、1回食+αくらい。

★注意★
・卵、乳製品は離乳食開始3ヶ月目(生後8か月)から(アレルギー防止のため)
・はちみつ、そばは1歳を過ぎてから。
・果汁は始めは与えないこと。→甘味を覚えるとおかゆを食べなくなるため。
・1才まではおやつは必要ない。


ここから部屋を変えて、グループごとに分かれて実際の離乳食を試食しながら講習を受けます。それぞれ赤ちゃんをだっこかおんぶします。礼子はおんぶしたら5分後には寝ていたので楽でした。suwan以外の方はみんな赤ちゃんをだっこしていて、あやしたり試食をする時にちょっと大変そうでした。


★おかゆ作りのポイント★(レシピは省略)
・お米からおかゆを作ったほうがご飯から作るよりもおいしい。
・ごはんから作るときは炊きたてご飯から作る方がおいしい。
・冷ご飯を使うなら温めてからお湯を足すとおいしくなる。
・おかゆを作ったら、赤ちゃんの食べ方に応じてすりばちでつぶしたり裏ごししたりして重湯でのばす。(のり状でつぶがなくなるまで)

その後、にんじんと玉ねぎのスープ煮(2週目~)、豆腐とほうれんそうのペースト(3週目~)を試食。
・おかゆのせよ、ほかの離乳食にせよ、素材そのものの味を大事にする。
・初期はこんぶとかつおだしが良い。(にぼしははらわたがあるので初期はひかえる)
・だしはたくさん作って冷凍保存しておくと便利。(1週間はOK)


講習が終わったら、質疑応答。
Q:離乳食作りにあった方が良い道具は?
A:すりばち、すりこぎ、うらごし器。

Q:お皿や離乳食作りの道具はいつまで消毒?
A:最初の1カ月はしたほうがよい。

Q:離乳食を嫌がって食べない時は?
A:無理やり食べさせるのではなく、次の時間にする。基本、食事は楽しく。

Q:離乳食を食べる場合はどんどんあげてよい?
A:量が多すぎると消化がおいつかないので、適量がよい。

Q:お正月に帰省する場合、離乳食はどうすればよい?
A:材料や器具を持参して家でおかゆや離乳食を作らせてもらう。もしくはベビーフードを上手に活用する。

Q:冷凍ではなく冷蔵ではダメ?
A:当日くらいなら大丈夫かもしれないが、冷凍した方が安心


という感じ。そうか、来週から離乳食を始めるとお正月からちょうど2回食になるのか…。帰省するのはちょいと大変になるなぁ…(>_<)。子どもが小さいっていうのは何かと大変なんだね。いろいろ勉強になります。はい。

講習が終わってから、離乳食作りのためのセットを購入。これでとりあえずなんとかなりそうだ。
来週からがんばるぞ~!
スポンサーサイト