学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年03月14日 (月) | Edit |
昨日から家に帰ってきて、恵まれたことに大きな破損はなかったんだけど、マンション自体の古さのせいで、水道管かなにかが破裂したようで、suwanらのいるマンションのみ断水となってしまった。
それで昨日から、バケツやら入れ物やらに1階のマンション玄関の水道から水を汲んであがることになった。

とはいえ、あまり重いものは持てないsuwanさん。力仕事は旦那さんのお仕事。灯油缶のようなポリタンクがあれば便利なんだけど、ホームセンターやらスーパーやらまわっても、どこも売り切れていて売っていない。とりあえずバケツ2つを買うことができたので、それで何回か往復して地道に水を確保します。

断水とはいえ、全く水がないわけではないんだけど、限られた水しかない中での生活はけっこう大変。
まずトイレであっという間にバケツ1杯の水がなくなってしまう。

手を洗うにも、うがいするにも、顔をあらうにも、歯磨きするにも、料理するにも、洗い物をするにも、お水がいかに必要か。バケツの水をペットボトルに移して、ちびちびちょろちょろを節約して使います。大量に水がいるお風呂と洗濯は1日はがまんすることに。

そんな中、東京電力は今日から関東地区で計画停電をすることに!
朝6時10分から3時間ずつエリアごとに停電になるとのこと。昨日の晩の時点では何時に停電になるかがわからなかった。朝起きてニュースをみていたら、計画停電に備えて、suwanらが使う東武伊勢崎線が運休することになったとのこと・・・

今度は会社に行けない・・・

6時台のニュースで、東京の駅で電車の運休でタクシー乗り場に列をなし、携帯で会社に連絡をいれるサラリーマンたちの姿がでていた。それで非常識だとは思いながら7時すぎた時点で上司に電話を入れて相談。どうしようもないので自宅待機ということになりました。
旦那さんも使う電車は一緒なのですが、自転車で会社に向かうとのこと。ちょっと早めに家を出て行きました。

9時をすぎた時に、マンションの管理組合から連絡があって、計画停電に合わせてエレベーターを早めに止めるから15時=19時の間は使えないとのこと。それでお水の汲み置きは午前中にするようにということになった!

さて、どうしよう。
断水と停電のダブルパンチは辛い。しかも夕方にかかるということは晩御飯の準備時間。昨日お風呂も洗濯もしていないから、なんとしてでもお水を大量に確保したい。でもおなかの赤ちゃんを思うと無理はしたくない。
とりあえず、1回バケツに水を汲んであがってみようと思って1階の水場まで向かう。そこはすでにマンションの他の住人たちが水汲みで並んでいた。

「このたびは大変なことになりましたね~」
「でも私たちは東北の人たちに比べたらまだましですよね~」
「うちは今回の地震で買ったばかりのテレビが壊れてしまって・・・」
「うちは食器がほとんど割れて、100均のどうでもいいのだけが残っているのよ」
「うちは照明がシャンデリアみたいのだったのが、落ちてわれてしまったよ」
「うちは本棚が倒れて大変だったよ」
という会話をみんなでかわしあい、それぞれ持ってきた容器に水を入れて行く。他の家の状況をきいていたら、suwanの家は奇跡的なくらい何も被害がない。引っ越ししてすぐに食器や本やCDを片付けたのが多分良かったんだと思う。もしも片付けずにそのままにしていたら、多分食器やCDが落ちて割れて、うちも大変だったかもしれないわ。

suwanの番になってバケツに水を汲んでいた時、後ろに並んでいたおじちゃんがsuwanの大きなおなかと1つのバケツをみて声をかけてきた。
「妊婦さんですか? そりゃ大変だから手伝ってあげるよ。」
そして、マンションの管理組合が持っている台車と巨大なバケツを借りてくれて、水を家まで運んでくれた!
ばけつ

しかし、家まで運んでもらったところで、あまりにおっきなバケツでsuwanにはどうしようもない。どうしたものかと考えていたら、その様子をみていたおじちゃんがお風呂場まで運んでくれることになった。とはいえおじちゃんもおっきなバケツを持つことはできないから、ちいさいバケツで5回にわけて水をお風呂場まで運んでくれた。ありがたや~<(_ _)>
けれども、お風呂場にたまった水はまだまだ少ない。それでおじちゃんはもう1回下におっきなバケツで水を運んでくれることになりました。汗をかきかき、水を運んで、さらにバケツでお風呂場まで移す。
年齢的に多分定年退職をした方だとおもうから、決して楽な作業ではなかったと思います。こんなときだからこそ、人の温かみに感動します。おっちゃんはまた困ったことがあったら呼びにきてとマンションの部屋と名前を教えて、そして今度こそ自分の家のために水を汲みにいかれました。言葉では感謝しつくせない。今は何もないからお礼のしようもないけど、今度改めてお礼をしに行こうと思います。

心配していた計画停電、とりあえず今日のところは停電にならずに済みました。停電になる前にと大急ぎで晩御飯を作っていたのですが、大丈夫でほっとしました。
お水をたくさん確保することができたので、お米を炊くことができたし、料理や洗い物をすることができました。夜にはお風呂に入ることができました!

そして夜の9時ごろ、ゴボゴボゴボゴボと音がして、トイレタンクにお水が流れた!水が戻ってきた~~~!旦那さんと大喜び!
食事後の洗い物は、水道の水を使うことができました。いかに生活の中で水をたくさん使っていることか。水と水道のありがたみを感じた2日間、大変ではあったけど、大事なことに気付かされました。

水の問題は解決したけど、電気の方はまだこれから。明日電車が動くかどうかで、会社をもう一日休まないといけないかもしれない。停電の時間が朝の6時~と、夕方の時は通勤だけでなく、生活をする上でも本当に大変だ。特に夕方は外も暗い分、なにかと危険。
普通の人でもこの状況は大変だけど、今のsuwanは赤ちゃんに負担をかけないことが大事。ストレスをためないように、できるだけのんびり、おおらかにかまえていきたいものです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。