学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年10月14日 (金) | Edit |
今日は私立保育園の見学へ。天気がどうなるかわからなかったから、久しぶりに抱っこひもでお出かけ。前はよこ抱っこだったけど首がすわったのでたて抱っこにする。足がぷらんぷらんしていてかわいい~♪ 対面しているから顔を見れるのと、お互いおなかがくっついてあったかいのがいいね。自然といつもよりも声かけが多くなりました。ベビーカーは楽だけど、時々は抱っこひもも使うことにしよう。

行く途中、建設予定地の広い野原があって、いろんな虫が鳴き、鳥や蝶やとんぼが飛んでいるから、礼子とのおさんぽにちょうどよかったんだけど、どうやらとうとう工事がはじまるようで、高い塀が作られていた・・・なんか残念だ。それでも今日もきれいなちょうちょが礼子を追いかけるようにずっと飛んでいました。これはなんていうちょうちょかなぁ? わかる人いたらおしえてくださいませ。
IMG_7703.jpg

さて、保育園に着くとちょうどお昼寝の時間で子どもたちが布団で寝ようとしているところでした。それでそ~っと奥の部屋に向かいます。女性の園長先生が説明をしてくれました。あらかじめ園のHPとブログを見ていて良かった。ブログに載っていない写真もたくさん見せていただきました。園の行事の保護者の参加は任意。でもほとんど親は仕事で参加できないからたくさん写真撮って販売している。園長先生が写真を撮っているんだけど、子どもたちのイキイキしたいい写真がいっぱい。子どもたちの楽しそうな写真を見ていたら、ここはいい園なんだろうなと思いました。

園長先生は今年の4月から就任されて、めっちゃ張り切っている。リトミック、英会話、絵画、学習教室など今年になってから積極的に取り込んでいる。ブログを園長先生がしているのにはびっくりだ。入園にあたっての準備物は、おむつ、ミルク缶、哺乳瓶、ボックスティッシュ、おしりふき、ビニール袋くらい。布団やシーツは園で用意しているからいらないらしい。お金の話もきっちりわかりやすく教えてもらった。0歳と1歳はやはり申し込みが多いらしい。

保育士はベテランそろい。さらにボランティアで学生やおばあちゃんが何人も来ている。さっき入った時にちらりとみたら、若い人からかなり年配の人までいた。保育士の数は認可保育園の基準に合わせ、さらにボランティアも入れたら大人の数は多いとのこと。事故のないように十分に注意しているとのことでした。私立の無認可だからこそ、事故が絶対にないように、そして良い評判を得られるように、公立以上に頑張っているという姿勢が伝わってきました。

話を聞いている間、礼子を抱っこして椅子に座っていたんだけど、最初から最後まで本当にいい子でした。時々園長先生ににっこり笑顔を見せていたようで、時々先生の話が礼子スマイルで中断しました(笑)そうそう、礼子の名前を聞かれた時に「なんだか懐かしい名前ですね」だって(笑) 読みやすくて覚えやすくていい名前だとほめられました。まぁ、どんな方にもほめていると思うけど、やっぱり名前をほめられると嬉しいものです。

50分ほど園長先生の熱いお話を聞いて、最後に園内見学。副園長先生にもお会いできた。ここの園に20年いるベテラン先生とのこと。さすがに笑顔の素敵な先生でした。こどもたちはみんなぐっすりよく寝ていました。0~1歳のクラスには確かに大人がたくさんいた。トイレも見せてもらいました。3色のかわいい便器でした。

見学を終えて帰ろうとしたとき、サラリーマンの中年男性が女の子の手をひいて入ってきた。そしてタイムカードを押して子どもを預けて行った。料金はタイムカードで計算するシステムになっている。こんな時間に預けるんだ~って思ったけど、夜勤の人は午後から預けるとのこと。そっか~、ここは24時間対応だから9時~5時以外の仕事の人にとってありがたい場所なんだと納得。

タイムカードを見たら、最近の子どもの名前のスゴイこと…らいおん君がいた…「子」のつく子がいたと思ったら保育士さんのタイムカードだった(笑)

とまぁ、1時間あっという間に過ぎました。来週公立保育園の見学をしてから決めるけど、先生方、環境、サービスを考えると、この私立でもいいなと思いました。お金が高いのは・・・パパにがんばってもらお~っと(*^_^*)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。