学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年12月05日 (月) | Edit |
今日は礼子の生後6か月のハーフ・バースディ&離乳食開始日。

しかし、昨日からの風邪が治らず咳が苦しそうなので、小児科に行くことにしました。
実はsuwanも風邪をひきかけていてくしゃみ連発。午前は2人でぐったり寝て過ごす。そしてちょっと外出する気力ができたから、ネットで小児科に予約を入れる。午後の診察が始まる1時間前に予約をいれたけど、予約番号は66番…月曜だし草加市で一番人気の小児科だから仕方ないけど…

でも、ここの良さはネットで今の診察番号を随時チェックできること。午後の授乳を終えて、外出準備をしてといろいろしていたらあっというまに15時半、すると予約番号40番まできていた。徒歩30分かかるから、今出ればちょうどいいくらいだと礼子を愛車スカーレットに乗せてGo! 礼子はスカーレットですぐに寝ていました。

かかりつけの小児科は、予防接種と診察で待合室が分かれている。いつもと違う診察用待合に行くと、乳児から園児まで子どもたちがたくさん。現在の診察番号を見ると58番。礼子は66番だから、ちょうどいい感じだ。

待っている間に、看護師さんが病状を聞きに来る。昨日からの様子を詳しく説明すると、ちょうど6か月ということで体重を計ることになった。そこでお願いしてついでに身長も計ってもらった。

礼子6か月ちょうどで、身長65センチ、体重7200g。発育曲線の真ん中あたりだ。

その後15分くらい待って診察へ。症状を聞いて熱がないことを確認すると、先生は胸に聴診器をあてて、口の中の様子をみて、鼻水吸引することに。鼻水吸引を体をのけぞらせて嫌がる礼子。その時の声がすっかり枯れているものだから、先生がその声を聞いてのどがはれていると判断。そこで2種類のお薬を出してもらうことになりました。その後、看護師さんに薬の飲ませ方を教えてもらいながら、礼子をだっこしながら口元に蒸気のお薬をしばらくあてる。これは怖くないのか、大人しく蒸気を当てられていました。お風呂は入ってもよいとのこと。

薬をもらって会計にいくと、スポイト代&薬の容器代で70円とのこと。子どもの診察自体は無料なんだね。

お風呂上がりに、礼子初めてのお薬。スポイトで薬を礼子の口の中に入れると、一瞬目をまんまるにしてからいや~とばかりに泣きだした。その様子を見ているこっちも泣きたくなるよ。その後、すぐに授乳をして機嫌を直してもらう。ちょっと落ち着いたところで、今度は鼻への噴射薬とお鼻吸い。これまた嫌がって泣きだす(>_<)。格闘しながらもなんとかお薬終了。やれやれ…

夜寝てからも、夜中に何度もコンコンと咳をしている姿がなんともかわいそうで、こちらもあんまり眠れなかった。6か月過ぎると母親からの免疫が切れるというけど、見事に6か月で風邪をひくとは…
ハーフ・バースディが初めての風邪&お薬記念日にもなってしまいました。

どうか、一日も早く治りますように。。。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。