学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年02月12日 (日) | Edit |
10月くらいから保険の見直しで、旦那が入社以来お世話になっている保険のNさんに何度も来てもらっている。ついでにsuwanの保険もいろいろご提案いただいていて、このたびsuwanも保険契約を結ぶことにしました。

正直、12月くらいまでは今suwanの会社で入っている保険のままでいいかなって思っていたんだけど、その後旦那と一緒にいろいろ保険の本を読んだり雑誌の特集を見たりしているうちに、今後のために必要な保険は何かを考え直したことで、今回の契約に行きついた。

医療保険は女性疾病と先進医療保障がついたもの。30代後半ともなると、女性ならではの病気にかかる可能性が増える。suwanの会社の先輩が数年前に30代後半で乳がんで亡くなったし、40代の知人で乳がんになった人もいる。今はsuwanは病気も怪我もなく過ごしているから保険に入りやすい。保険って入りやすい時に入らずに、入りたい時には入れないと言われるもの。明日は我が身と思って元気で健康な今から備えることにしました。無理なくそして老後ために、60歳までの払い込みで終身保障というのがBESTプランだ。

そして、安い掛け捨ての保険として家族収入保険。これはsuwanに万が一のことがあった時に、家族を支えるための保険。関東は大震災の恐れがあるし、そうでなくても事故や病気で60歳までに死んでしまった時、旦那が礼子を育てていかないといけない。今の生活から考えて、万が一旦那が亡くなった時、suwanは働きながらなんとか礼子を育てられると思うけど、もしもsuwanが亡くなった時、旦那は働きながら家事・育児をするのはかなり大変だと思う。月々の額はそんなに大きくないから、礼子が自立するくらいまで入っておこうと思います。

それにしても、保険のNさんには毎週のように日曜の午後にきていただいて、本当に申し訳なかったです。いろんな話を聞けて勉強になりました。月々の保険料が高くて毎月の家計に負担があってはいけないし、かといって保障が少ないと不安…。そんな中、どうすれば最適かを考えていろいろ提案していただいて助かりました。

この数カ月、保険についていろいろ勉強したおかげで、社会の見方がかわった。今まで全く興味なかった生保のTVCMや広告なども内容をしっかり見るようになった。そして、自分が働いて収入を得るということについてもいろいろ考えるきっかけになった。育休中の時間のある時に見直してよかったよ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。