学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年04月21日 (土) | Edit |
suwanもパパも昭和51年生まれで、ポリオの免疫が弱いと言われているので、ポリオの追加接種をすることにしました。区から教えてもらった追加接種をしている小児科に予約を入れ、親子3人で向かいます。

パパは初めての小児科にちょっと緊張気味。まわりにいるママや子どもたちの中、大きな体が小さくなってました(笑)

名前を呼ばれて診察室に入り、礼子はすでに生ワクチンを接種したことを確認。体調を聞かれ、目と首の後ろの様子を診られる。問題なさげなので、上を向いて口をおおきくあけたら、スポイトで生ポリオワクチンをちょい。あっけないけど、これで終わり。あっという間に夫婦ともに受け終わる。

一応「何か注意することはありますか」と聞いてみるが、「まぁ、大人だから大丈夫でしょう」とのお言葉(笑)。

数日前に不活化ワクチンが承認された話題になり、こちらの不安な気持ちをくんでくださったのか、帰り際に先生が
「生ワクチンの方が不活化よりも免疫がずっと長持ちするし強い。海外に行く時、場所によっては不活化だけしか受けていない人は生ワクチンを受けなおさなくちゃいけない。不活化になってもまた生ワクチンに戻るかもという話もでているし、生ワクチンも捨てたもんじゃないんですよ。」と言われた。

その言葉にちょっと救われた気がしました。

suwanもパパも小さい頃に1回ポリオを受けている。でも、昭和50~52年生まれの人は抗体が少ないと言われ、この年になって不安になりポリオを受けなおすことになった。

近くで不活化をうけられるところがなかったというのと、日本で作られる不活化ワクチンは弱いというのと、海外のものでも不活化ワクチンは効果が短いから10年ごとに受けなおさなければいけないというのが、最終的に生ワクチンにしようと決断した理由。でも、多分何が正解かというのは、死ぬまでに「何もなかった」といえるまでわからない。

生を受けさせた親も不活化をうけさせた親も、それぞれ子どもの事を思い、家族の二次感染のことを心配し、いろいろ真剣に考えて出したことだもんね。受けさせないということよりはどちらも正しいと思う。

この1年間、いろいろ情報を集めては迷いまくったポリオ接種だけど、もう受けてしまったから、あとはこれからの1カ月、みんなに副反応が出ないことを祈るのみ。どうか、3人とも健康で強い体でありますように。

そして、礼子が大人になって子どもができた時に、suwanらと同じようにビクビクすることなく、安心して子育てできることを祈ります。

親子3人ともポリオを受けて同じレベルになったことで、礼子のおむつ替えの恐怖が半減した。それでももちろん手袋をして、手洗いはきっちりしているけどね(*^^)v

コメント
この記事へのコメント
心の不思議
昨春に同じこと考えましたが、あの時の方が不活化ワクチンを扱う医療機関が少なかった分、迷いは少なかったかも。
100万件に1件は、SIDSなどと比べても圧倒的に小さなリスクですが、頭の理解に反して心の中で不安が大きくなってしまうのですね。

私はワクチンなしにいきなり本物のポリオにかかってもマヒが起きる可能性は1%程度と知り、何故か安心したりしました。うーん、心の錯覚って不思議。

ちなみに女の子はワクチン関連麻痺は少ないと言われています。男の子だったり接種1ヶ月以内に筋肉注射を受けるとリスクが高くなるそうですが、普通に予防接種間隔を守れば問題とはならないでしょう。
2012/04/25(水) 23:09:02 | URL | hatch #BNCznQLE[ 編集]
選択肢があると迷いますね
去年の夏以降、ポリオのまひについて取り上げたニュースを3回くらい見たので、さすがに色々調べたり考えたりしました。

ここ最近のニュースで、この秋からは不活化になって今度は生が受けられなくなるようですね。
いろいろ考えて、一生ものの免疫をつけさせようと思ったのに、今度は受けられないと言われるとそれもまたビミョーです。

後になって、H12年の不活化ポリオを受けた子は免疫が足りないから受けなおすように…となりそうな予感(-_-;)
2012/04/26(木) 10:54:45 | URL | suwan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。