学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年06月09日 (土) | Edit |
フェイスブックの方で反響の大きかった記事をこちらにもコピペしちゃお。


産休後の初出社以来、先週は1年分の業務連絡や実績表に目を通すので精いっぱい。変化についていくのに必死でした。それでもまだ全部把握しきれていないけど…

娘が昼寝している間、仕事脳を活性化させるために、新入社員時代から産休に入る去年の4月までの14年分の手帳を読み返してみた。すると最初の上司のいろんな言葉がよみがえってきたよ。初心に帰るためにも、これからぼちぼち思い出したものを記録しておこう​。


◆M氏語録その1
「自殺しない程度に厳しく育てます。」

これは入社1年目、全国担当者会議の場で、西日本エリアの全担当者の前でM氏が新人の私を紹介してくださった時のお言葉。場が一瞬しーんとなって、その後ざわついた。もう、苦笑するしかなかったなぁ~(笑)

そしてそのお言葉通り、自殺しない程度に厳しく育てられました(汗)
いや、ホントまじで厳しかったよ(遠い目)。何度泣きながら会社​で日付越えをしたことか。そして何度会社の椅子3つならべて寝て朝を迎えたことか。最初の5年はまさに昼も夜も平日も休日もなく、アホほど働いていた。

ただ、厳しいだけでなかったからなんとかついていけたし、恨んでもいないし(笑)、むしろ厳しく温かく育ててくださったことを感​謝している。数字の結果を出し、人から感謝され、仕事が面白いと思えるようになったし。

私は褒められて伸びる子だったけど、褒められるだけで伸びる量は限られている。悔しい思いをしないと伸びないこともある。

そして、かわいそうに思ったベテランの担当者たちが私に優しく色々教えてくださり、短期間でいろんな方の協力を得られたのもありがたかったなぁ。

でも後日「俺は肝心なところで厳しくなりきれない…」ということばを聞いた時には、「これ以上厳しくならないで~~~!!」と心底思いました。


* * *

◆M氏語録その2
「空爆や戦車での地上戦ができないなら、ゲリラ戦で戦うしかないんだよ!!」

「そんなことも知らずに大学出たのか(-_-;)」といわんばかりのあきれ顔で言われましたが、普通の大学の文学部卒はそんなことわかりません(涙)→もちろんわかりませんなんていおうものなら…ごにょごにょ

入社ではなく、入隊してしまったということに気付くのにさほど時間はかかりませんでした。


* * *

◆M氏語録その3
「やった失敗よりも、やらなかった罪を問う。」

◆M氏語録その4
「結果の違いはSPEEDの差だ。」

これらは私ならずともM氏にたくさんの人が言われている言葉。
M氏の下で仕事をするならば、とにかく早く動くことが重要だ。

失敗した時は、同じ失敗を繰り返さないように何故失敗したのかを考えて改善することは求められるが、動かなかった時には次から声をかけてもらえなくなる(>_<)。

つまり、怒られたり声をかけられたりしているうちが花なのだ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。