学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年07月22日 (日) | Edit |
礼子の脳のCTスキャン、血液検査、髄液検査を終え、飲食禁止で点滴で栄養を取る状態となった。

朝、昼、晩に検温をし、おむつ替えの時にはおむつの重さを計っておしっこの量を記録。うんちの回数も記録する。熱はまだ38~39度あってぼーっとしており、一日のほとんどを寝て過ごす。氷枕を借りて少しでも熱を下げるようにするけど、なかなか熱が下がらない。

起きている時はしんどそうで機嫌が悪い。そして不安もあってか、おっぱいを欲しがって泣く。あまりに泣くので、今はもうそんなにおっぱいも出ていないからとお医者さんに許可をもらっておっぱいをしゃぶらせたら、安心して寝る。夜中に目覚めて夜泣きをしかけても、おっぱいをあげるととりあえず収まって寝るからありがたい。

病院では子ども用の食事はでるけど付添の人の分は出ない。午後ばぁばがたくさんの食料を持ってお見舞いにきてくれました。夕方、パパがたくさんの食料を持ってきてくれたので、suwanの食べ物はたべきれないほどありました。ありがたや~。

夕方、礼子の脳波検査。
suwanが礼子をだっこして、ばぁばが礼子の気をひき、先生が頭に脳波を計るための端子をたくさんつけていく。3人がかりでなんとか準備をしたら、まずは礼子が起きている時の脳波を計る。続いて礼子を寝させるように言われておっぱいで寝かしつけ。うとうと状態の脳波を計る。

検査が終わるとあたまにぺっとりついた粘着物を看護師さんと一緒に洗い落とす。まだお風呂に入れない礼子だから、体をバスタオルでぐるぐる巻きにして、洗面所でsuwanが礼子の体を横抱きにし、看護師さんが礼子の頭を洗う。もちろんそんな状況を大人しく受け入れる礼子ではなくギャン泣き。暴れる礼子を押さえつつ、なんとか頭を洗い終えました。やれやれ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。