学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月01日 (水) | Edit |
今日は特別支社長会議が急遽セッティングされた。suwanは支社長ではないけど、営業促進室の人間として年間スケジュール立案のための非常に重要な会議だったので、もしも礼子が体調崩して園から呼び出しかかったら、今日はパパにお迎えをお願いしていた。

すると、朝10時に保育園から呼び出しが…( ̄□ ̄;)!!
さっそく発熱したらしい(/_;) 呼び出しくるとしてもお昼寝後の15時半だと思っていたのに、これは予想外の展開。パパにすぐに連絡とってお迎えをお願いするとともに、ばぁばに電話してパパと交代で礼子の面倒をみてくれるように頼む。パパに座薬を入れてもらったおかげで熱は午後には下がったようで、会議を終えて夕方suwanが帰った時には、礼子はずいぶんよくなったようでした。

こう書くと、育児は女がするものだと思っている人は母親失格とか思うんだろうなあ。
でも、自分で言うのもなんだけど、suwanは復帰2カ月にして会社でけっこう大事なポジションにいさせてもらっている。そんな中、礼子の入院で大事な手配時期に1週間まるまる休んだり、毎週のように早退、遅刻、有休をしているから、同じ室のメンバーに仕事のしわ寄せが行っている。産後3~4カ月で復帰するマネージャーやインストラクターがいる中、1年間もまるまる育休取って復帰したことを甘えていると思っている人もいる。

そういう意味では、母親としても会社員としても、どっちにしても中途半端。ただ、それをいちいち気にしていたら身が持たない。家族や会社の周りの人の協力を得て、周りに謝り感謝しながら日々乗り切っていくしかない。

時々凹むこともあるけど、フェイスブックで働くママたちが励まして応援してくれるのが本当に心の救いになっている。理解ない男性の言葉よりも、同じように苦難を乗り越えてきた女性の言葉をしっかり聞こうという気になる。

もちろん、礼子の健康が一番大事。礼子と一緒にいる時には、惜しみない愛情を注いでいる前提で、分業出来る時には分業するのです。

礼子が大きくなった時に、働くsuwanの姿を誇りに思ってもらえるように心を強くもっていたい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。