FC2ブログ
学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
2009年02月02日 (月) | Edit |
先週木・金と会社をあけ、土日ゴスペル。4日ぶりに出社してみるとメール受信1,500件。
やれやれ・・・と思って処理をしていたとき、件名に「Y君」というメールが同期から来ていた。

今月、別の同期からY君が入院しているという連絡があって、東京にいる同期たちが入れ代わりでお見舞いに行っている。そのレポかなって思って開いてみたら・・・













Y君の訃報でした。









時が止まるとはこういうことをいうんだろうね。

Y君はsuwanが初めて見たおねぇキャラ。
新入社員研修の自己紹介で「『メーキャップマガジン』の編集がしたくて入りました」と宣言し、数少ない地方大学出身&営業希望の田舎者suwanは、これが東京かぁ~!これが出版社で働く編集の人かぁと興味津々で見つめたものでした。

当時メイクやおしゃれや恋愛にあんまり興味のないsuwanだったけど、Y君とは本当に気兼ねなく楽しくおしゃべりできた。suwanが東京出張で同期と飲みに行くときはほとんど顔を出してくれたし、こちらも東京本社に行くことがあったら、Y君の職場にはよく顔を出していた。肌がボロボロなのを「もうっ!女の子なんだからっっ!」って叱られたこともあった。「ちゃんと恋愛しないとあっという間に老けちゃうよ」って忠告されたこともあった。めっちゃおいしい手作りクッキーをもらったこともあった。

「ちょっとー、suwan。最近、綺麗になったじゃないの?いい恋愛してるの?」
Y君にそういってもらいたかったな。

親友というほど濃い関係ではない。
年賀状でしか連絡を取らない年もあった。
でも、たまに会ったり連絡とったりするときには、あっていなかったのがウソみたいに仲良かった。
そんな仲間だった。

今日はY君の分もしっかり仕事したよ。
これからはY君の分もしっかりおしゃれするよ。
天国ではキレイなものに囲まれて過ごしてね。

帰り道、見上げたお月様が赤かった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する