学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年11月23日 (月) | Edit |
3連休最終日もゴスペルDay。それも、朝から大変なイベントが…
それは1月17日と2月20日のライブのソロパートオーディションがあったのですが、生まれて初めてsuwanもオーディションなるものに出場しました(。-_-。)ポッ♪

今朝は早起きをして梅田の24時間営業のカラオケボックスに朝から行って最後の練習。そして9時半に会場入りしました。

suwanは中学、高校、大学とコーラスをしてきたけど、実はソロを歌ったことはそんなにない。声が太いほうだし、だいたい技術系役職についていたから、パートでは常に核となり周りをひっぱるように意識してきたけど、自分がソロ向きの声ではなく、歌唱技術も大したことはないことは昔から自覚しています。何より音感が本当に悪い(ノ_・、)シクシク とりあえず何でも努力ですべてをカバーするタイプ。
ゴスペルでも、みんなと一緒に声を合わせハモるのが楽しいので、リードに対する欲が少なく、ヤマハで毎年行われているオーディションにも一度も参加したことはありませんでした。

そんなsuwanが何を血迷ったのか!(笑)

それは「Lean On Me」という曲がとてもとても好きなこと、そしてそれを見事に歌い上げる師匠とHeart & Soulの歌への憧れが強いこと、さらに、今年の年始に掲げたsuwanのテーマ「Next Stage」を歌でも目指そうと思ったこと…それでオーディションの〆切前日に、かなりの勇気をだして申し込みました。

決心して申し込んだのが遅かったこともあって、練習を始めたのは11月に入ってから一人で歌ってそれを録音し、録音を聴いて自己分析をして、また歌う。その繰り返しで自分の歌声と真剣に向かい合ってみました。

昨日の晩は、ブログ書く時間を惜しんで今年の2月のウタタネライブの師匠とHeart & Soulの「Lean On Me」の歌をひたすら聞きまくり、歌詞の和訳をもう一度じっくりみなおして曲の世界をイメージし、久しぶりに初心に帰って楽譜と歌詞をちゃんとみて細かいところまで確認し…今のsuwanにできることはとりあえずやったと思います。

30名が参加した公開オーディションの様子はまた後日music lifeの方にでも書きますが、めちゃくちゃ緊張して審査員を見る余裕なっすぃんぐ。それでも歌うのは指定部分のみだったので30秒くらいであっという間に終わりました。歌自体は今のsuwanの実力そのまんまだったと思います。ちなみに「away」のメロディラインはhidekiさんのを真似させていただきました。

オーディションは努力の過程とかを見るものではなく、その時にどれだけいいパフォーマンスができるか、何か「華」があるかです。でもまぁ、結果がどうであれ、今回自分の歌声と真正面からしっかり向き合ったことは本当に良かった。

歌っているところのビデオをうちに帰ってから30回くらいリピートしてみていたら「いいかげんにしなさい」と叱られました…(>_<)やっぱり緊張している(苦笑)特に前半の左手の動きが不安定さをあらわしているなぁ。それでもとりあえず歌で大きな失敗がなくてよかった。

それにしても、審査員の師匠や講師の人々も大変だったと思います。本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。リズム感、やっぱり課題です。これからも常に意識してがんばります!

午後1時から4時のhumannote第2回目合同練習、申し訳ないけど半分燃え尽きていたsuwanさんでした。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。