学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年02月11日 (木) | Edit |
今日は秋に続き、K女大教授の井上先生の国語活動の研究会に出席。
10:30~16:30まで、みっちり勉強してきました!

この研究会は小学校や中学校の国語の先生達がメイン対象なので、正直半分はついていけてないんだけど、それでも学校の先生方がこれだけ勉強されているということにふれるのと、国語の力をつけるということは、すべての学問に通じることなので得るものがたくさんある。
スピーチの仕方なんて、子どもじゃなくても大人でも勉強したい内容だもんね。

井上先生は11月に海外視察で、今回はニュージーランドの学校訪問に行かれていた。午前中はその時のビデオをみながら、さまざまな国語活動の指導をしてくださいました。
ニュージーランドに限らず、海外では論理的に考えて発表するために、先生からの発問の仕方が日本とは全然違う。
「なぜ?」「あなたはどうおもう?」という問いかけや要約が当たり前のようになされ、物語や説明文の読み取りについても、子ども達がわかりやすく、それでいて常に考えるようになっている。最近は大人でもここまで考えてないよな~

午後は、国語の教科書に載っている素材文を使って、国語の授業展開について、グループ討議をしたり、蛍光ペンで作業をしたり。学校の先生方の中にまじって頭脳フル回転でした。

国語の勉強会ではあるんだけど、これは仕事でも通じるよな~とか、こういうふうにしてチームメンバーに声をかけていけば指示待ちではなくて「考える組織」になるよな~って思うことばかり。

論理的に考え、文章をまとめ、相手にわかりやすいように説明する。suwanももっとスキルアップしていきたいし、後輩達を育てないといけないと思いました。

それにしても、大人になって、「先生」に教わるという機会があるってありがたいことです。来月も京都で読書活動研究会があります。これまた張り切って出席することにしましょう!


勉強会が終わった後、会社に行って、昨日の作業の続きです。
ようやく幼児から小6の算国、14種のデータができました。
明日は中学生の6種のデータ作成。これが終われば来週からのテスト処理がスケジュールどおりにできる!

中学生のデータは小学生のよりも1つ1つに時間がかかるけど、集中してがんばります!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。