学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年04月14日 (水) | Edit |
5年ぶりの神戸定例研。
去年まで神戸事務局と同居していたのに、こんなに久しぶりの研修だったとは・・・

当初90分で研修依頼をうけていて資料の準備をしていたんだけど、昨日になって支社や事務局の連絡事項が増えたので、45分でしてくれませんかといわれ、正直どうしようかと思っていました。。。基本的に研修の準備というのは、予定時間よりも多めの資料を用意しておくもの。万が一時間が余った時にもすぐに対応できるように、ネタはたくさん用意しておくものなのです。そして90分の研修の資料を作るにはその3倍以上の時間をかけるもの。今回は事前に先生方にアンケートをとったこともあり、3倍どころか5倍は時間をかけて準備をしていました。

昨日の晩、さすがにどこを削るか家でもパワーポイントを見直し、研修の構成を組みなおす。それでも、こちらも思いをもって準備をしているので、なかなか絞り込めず・・・数字の話は支社の話をきいて、その場でどこを削るかを考えることにして、ロープレは3つのうち1つはしないことにする。せっかく解説資料を作り直して用意したのになぁ・・・(>_<)

しかも、12時15分には先生方との食事会の会場に行っていてほしいといわれ、11時50分には終わらせないといけないとの制約付き。10時から始まった研修会はsuwanの前に7人が入れ替わり立ち替わりで話をしていて、suwanの研修に入るころには、先生方もぐったりお疲れのご様子。
こうなったらもう腹をくくるしかない。途中、依頼していた資料が2枚印刷ぬけているハプニングにもめげず、11時50分までみっちりお話をさせていただきました。時間なくて焦った分、後半はやっぱり話の展開がイマイチだったけど、それでも一番のベテランJ先生に終わってからおほめの言葉をいただいたから、悪いことばかりではなかったのでしょう。

先週の大阪の研修会での反省をもとに、用意しなおした資料はおかげで我ながらよい話ができたと思う。でも一番面白いネタであった資料がハプニングで先生がたの手元に渡らなかったことは本当に残念。そして、時間がなくて資料を飛ばしていたら、飛ばすべきでなかった幼児教材の採点の仕方についてまで飛ばしてしまったのは今日の一番の反省。

それでも帰りにここ最近の研修の中では一番先生方に感想やお声かけをいただき、かなり前向きなお話をされていたので、刺激を与えたという面では良い研修ができたのかもしれない。

先週の2つの研修と合わせて、4月の研修会は自分の研修のあり方について考えさせられることが多かった。5月も研修が4つ入っているので、めげず逃げずjに取り組みたい

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。