学び好き&教え好きsuwanの思考と試行と嗜好の記録。 2007年以前はLady Conductor(メインサイト)へ。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年07月30日 (金) | Edit |
今日は社外から外部講師をお招きしての勉強会。
テーマは「学習障がい」。

昔に比べて、学習障がいの子どもの割合はずいぶん増えて6.4%にまでなってしまったとのこと。つまり、40人学級だったら、クラスに2~3人は学習障がいの子がいてもおかしくない割合。

その原因として、遺伝、妊娠中のアルコール、喫煙、受動喫煙とかは昔から言われているけど、近年は妊娠中のストレスも大きな要素らしい。

今は、結婚後6カ月が出産のピークといわれるくらい、できちゃった婚が多い。
できちゃった婚の場合、結婚までというのはただでさえ準備が大変なのに、「無事に結婚できるか」とか周りの言動とかで妊婦が大きなストレスを抱えることが多く、そのストレスが胎児に大きな影響を与えているとのこと。

学習障がいの子というのは、重度の知的障がい者と違って、ぱっと見ではわからなかったり、普段の生活には特に問題がなかったりする。それでいて、ある一つのことだけ著しくできなかったりする。他のことが問題なくできるからこそ、「あなたはできる子なのに」とかいうふうに、できない要素に対して周りに怒られることが多くて、誰よりもその子がストレスを抱えていることが多い。

今日は様々な事例と解決のためのヒントを教えていただきました。

suwanの弟タケゴンは、生まれてくるときに事故で脳に圧迫があって、重度の知的障がい者になってしまった。
研修のお話を聞けば聞くほど、おかーちゃんとタケゴンが死に物狂いで血のにじむような努力で今の状況にまで発達させたということがわかる。研修の途中で涙をこらえるのに必死だったよ。

そうそう、おかーちゃんが言ってたとおり、やっぱり小さい頃に毎朝、陽の光を当てて、ウォーキングをするのが大事なんだって。

suwanも小さかったから正確には覚えていないけど、毎月いろんな施設や病院や大学に行ったり、夜に車で遠くの学校っぽいところで訓練したりしていたのがかすかに記憶に残っている。ああいった地道な訓練とたくさんの言葉がけの積み重ねがあったから、タケゴンは「あ」「い」「う」「お」「た」「ぱ」「や」の発音ができるようになったし、1人で歩けるようになったし、メーカー名やマークを認識できるようになったし、自分の意思を「あ」の発音だけで表現するところまでできている。

今は30年前と比べたら、今はずいぶんいろんなことがわかっているし、お薬もかわったみたい。
だけど、重度であろうと軽度であろうと、わが子にちょっとでも障害があったらお母さんとしては心配だし、なんとかしたいと思うよね。


うちの会社の今の仕事は、本当にいろんな出会いと勉強する場に恵まれている。
その感謝の気持ちで、今度はsuwanが誰かに何かをお返ししたいものです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。